ブログ

ブログ
ブログ
ブログ

ブログ 

空手道衣について徹底解説!そしてオススメの道衣はこれだ!

普段何気なく着ている空手道衣。

しかし、空手道衣も各種目にあった道衣がどんどん開発されており、「形」「組手」専用の道衣が存在します。

道衣のメーカーも国内、国外メーカーが多く存在し筆者が幼少期のときと比べると本当に多様化し各々に合った道衣を着ることは空手競技をを行う上でとても大事な要素となっております。

とはいえ、何がそんなに違うの?そこまで変わらないでしょ。

そもそも柔道着と何が違うの?という方も多いかもしれません。

 

今回は、そんな空手道衣の気になる部分やよくわからない部分について徹底解説していきたいと思います!

 

 

目次

道衣

柔道着と空手道衣の違いって何?

空手道衣と柔道着。見た目はとっても似てますよね。パッと見たときには同じじゃん!と思う方も多いと思います;。

しかし、よく見てみると同じように見えますが道衣の厚さが全然違います。
空手道衣の方が薄く、柔道着の方が厚い生地で作られています。

なんで柔道着の方が厚い生地なのでしょうか?これには道着の強度を強くすることが必須だからです。
柔道は相手の道着を掴んで投げたり、道着を引っ張ったりすることがとても多いです。そのため破けないように厚い生地で道衣が作られています。

空手は「形」「組手」用の道衣があります。空手道衣の種類については後ほど詳しく解説しますが、基本的には道着を掴むということはありません。その為、動きやすさだったり技がしっかり決まって見えるような道衣の作りとなっています。

同じ道衣でも各種目に合うようこれだけ考えて作られているんですね!

空手道衣の歴史

空手道衣は、1922年に船越義珍が柔道の創始者である嘉納治五郎さんに招かれ、講道館で開かれた体育展覧会で演武をしました。
その際に柔道着を真似て稽古着を作り、柔道の帯を締めたことが始まりとされています。

それまでは、服装には拘っておらず動きやすい服装で稽古を行っていたという記録が残っています。
現在は空手といえば空手道衣を着ることは練習でも試合でも当たり前ですが、もともとはそうではなかったようです。


「形」用道衣について

空手道衣にも様々な種類があります。
大きく分けると「形」専用道衣・「組手」専用道衣があります。

まずは「形」専用道衣についてご紹介させていただきます。

SHAREシェアする

一覧

HOME> ブログ >空手道衣について徹底解説!そしてオススメの道衣はこれだ!