ブログ

ブログ
ブログ
ブログ

お知らせ 

【空手飛沫防止対策シールド】マウスシールド(メンホーシールド)匠のご紹介

空手飛沫防止対策シールド・マウスシールド匠のご紹介をさせていただきます。

現在、コロナウイルスが猛威を振るう中、徐々にですが稽古の再開・そして大会が開催されるようになってまいりました。

その中で安全に組手の稽古や試合をするために全空連(全日本空手道連盟)からガイドラインが発表されました。

組手の試合においては以下の提示をされております。

 

<組手>

・原則としてメンホー+メンホー用口元シールドの着用を義務付ける

・競技場への入退場時はマスクを着用し、競技中はメンホー+メンホー用口元シールドを装着し、競技中の気合い発声は可とする

・試合中メンホー或いは、マウスシールドが取れた場合、試合は一旦停止をし、コート内でのソーシャルディスタンスを保ち、防具を装着し、試合を再開すること

 

今回、試合で頑張る選手たちが市販のマウスシールドや手作りのマウスシールドによって呼吸が苦しく試合に集中できない、シールドの部分がよく見えないという声を多数上がり、選手たちがシールドの阻害されず最大限集中して試合に臨めるマウスシールドを試作を重ね完成いたしました。

こだわり満載のマウスシールド(メンホーシールド)匠のご紹介をさせていただきます。

【空手飛沫防止対策シールド】マウスシールド(メンホーシールド)匠のご購入はこちらから!

 

目次

【空手飛沫防止対策シールド】マウスシールド(メンホーシールド)匠ってどんな商品?

マウスシールド匠(メンホーシールド)は空手の組手競技における飛沫防止対策の商品となります。

現在、全空連(全日本空手道連盟)の試合において小・中・高校生はメンホーの着用が義務付けられております。
その他市民大会や各種大会においてもメンホーは必ず着用しなければ試合には出られません。

そして、先程記載したようにコロナの影響により現在はメンホー+シールドの着用が今後必須となります。

色々なマウスシールドが現在ありますが以下のような意見が多数上がりました。
・息苦しく集中できない
・シールドが曇って下のほうが見えにくい→蹴りや突きをもらってしまう
・音が反響する
・熱くて熱中症になってしまう

上記の意見を聞き、
これでは試合に向けて一生懸命練習してきても、試合に最大限集中できないのが本当に可哀想だということでこの商品の開発が始まりました。

そして、たくさんのテストを重ね今回この商品が完成いたしました。
是非、たくさんのこだわりを以下にて御覧ください。

※商品のお写真はピンク色となっておりますが、こちらは保護シールとなっております。保護シールを剥がすと無色透明になります。また、全空連検定品ではありません。

シールドのこだわり

【空手飛沫防止対策シールド】マウスシールド(メンホーシールド)匠は様々な工夫とこだわりがたくさん詰まっています。

・二重構造による飛沫防止
→本商品のマウスシールドは二重の構造となっています。穴の位置などを何度も変え、飛沫をしっかりカットすることに成功しました。

・通気性の良さ
→二重構造で穴が空いておりますので、息苦しさがなり軽減されております。感覚としてはシールドなしの状態とほぼ変わらないような感覚で組手ができます。

・曇りにくい構造
→空気の通りをしっかり確保することにより飛沫は防止しながら、曇りにくい状態を保つことができます。その為、下からの突きや蹴り技もしっかり見ることが出来る事ができます。

・熱中症対策
→こちらも空気の通り道がしっかりしているため、熱がこもりにくい構造になっております。夏場の暑い日などでも熱中症をしっかり考慮し、対策することが出来ます。

・音の反響に考慮
→気合などを出した際に、気合などの声が反響しにくくなっています。大きな気合をしっかり出しても反響しにくいので気にせず試合に集中することが出来ます。

テストを何度も重ね、こだわりにこだわった商品が完成することが出来ました。

メンホー内の酸素濃度の測定結果について

メンホーシールド「匠」はメンホー内の酸素濃度量を計測して穴位置や角度を割り出し設計しております。

通常の酸素濃度は21%程度です。

・「匠」装着時→20%
・「匠」装着して1分30秒の試合後→18%

(18%は安全酸素濃度の規定内です。)

それに比べ
・口元を塞ぐのみのメンホー内→19%
・口元を塞いだのみのメンホーで1分30秒の試合後→16.8%でした。

酸素濃度16%台は、酸素欠乏症の自覚症状が出ます。(頭痛、めまいなど)
子どもたちには安心して、そしてできるだけ安全に練習や試合に参加して頂きたいと思っております。

シールドの使用方法

1,マウスシールド匠に付いているピンク色の剥離紙(保護シール)を剥がします。
基本的には簡単に取れるようになっておりますが、無理やり剥がさずなるべく優しく扱ってください!

2,シールドを湾曲させ、メンホーに装着します!
縦の穴が口元、横の穴がメンホーの方になるように装着します。
横の穴はメンホーのシールド部と顎部の間に差し込み、縦の穴は顎部の緩衛部の間に広げ差し込みます。
ちゃんと装着できると二重構造の間に指が一本分はいるような状態となります。
装着できた状態の時に、先端部分がセンターに来るようにしてください。

3,付属のシールでしっかり止めましょう!
衝撃などで取れないようにセンター部分と横の部分の2点をしっかり付属のシールで止めます。
何度も使っていてシールが弱くなってしまった場合には透明のテープなどでも代用可能です。

※本品は何度も折り曲げてしまうと破損の原因となります。より長く使うためには何度も折り曲げないようにお願いします。

シールドの料金や配送について

この【空手飛沫防止対策シールド】マウスシールド(メンホーシールド)匠の料金等についてご紹介します。

1枚850円(税抜)となっております。
1枚から何枚でも購入は可能です。
送料は一律300円となります。

商品購入の流れとしましては、

上記に記載されている【ご購入はこちら】をタップしストアからご購入!

もしくは

1,明武会HPのお問い合わせ・もしくは明武会インスタグラム・明武会Facebookにて【購入枚数】【お名前】【住所】【電話番号】【メールアドレス】を連絡。

2,明武会から振込先の連絡がきたら指定された料金をお振込み

3,お振込確認後順次発送!!

4,シールドを使って、バッチリ練習!

といった流れとなっております。

ご購入は以下から可能です。

まとめ

これからの組手の試合に必須になる組手用マウスシールド。
何度もお伝えしておりますが、

選手ファースト。試合に出る選手が最大限集中するために

【空手飛沫防止対策シールド】マウスシールド(メンホーシールド)匠

が完成いたしました。
是非、この記事を読んでいただいた皆様にはお試しいただき、この効果を実感していただきたいなと思います。

そして、コロナウイルスが根絶することを切に願っております。
何卒宜しくお願いします。

SHAREシェアする

一覧

HOME> ブログ >【空手飛沫防止対策シールド】マウスシールド(メンホーシールド)匠のご紹介